2005年02月21日

なんだか知りませんが

喧嘩売られました?

まぁ、うちのようなマイナーなところは
どなたも相手にしてないと思いますし、
いわゆる祭り?に参加するつもりもないので
トラックバックもしませんが。

最新?のネタを見て、なるほど、と思う点も
あります。情報を流す意図、ですか。
でも情報をというのは、この世界にあまた存在する
さまざまな事象を、なんらかの意図でまとめて、
なんらかの役に立つように加工したものですから、
事象をまとめ、発信する人の意図が含まれない
わけはないのです。

だから、私がこの元ネタを流したのには私の
意図があります。見た人がそれを考え判断すればいい。
ここでは私はプロフィールを明かしていませんので、
どう判断するかはこれまで投稿してきた
内容のみしかありません。これは仕方がない、
このブログはそういう方針で作ってるから。

ま、ネタ的にはゴシップ誌?レベルなので
信用されてないかもしれません。
それも仕方がないです。信用できない、
見たくない、という方に無理強いする
ものでもありませんし。

基本的にはスパムへの警告(いじって遊んでるだけと
いう気もしますが)、創価学会を中心とした今の宗教
団体に関する問題、中国、半島系の問題に対する
私のスタンスからの言いたいことを書いているわけで、
ネタ元がニュースサイトとかから拾ってきたものに
なってます。2ちゃんは見てません。紹介されてた
まとめサイトと呼ばれるとこは覗きますが。

そもそも差別意識はありません。在日の友達もいるし、
韓国行ったときも悪い感情はなく帰ってきましたし。

あまりにもこういう事例を聞く、ネタにしては
あまりにも多い。こうなると何%かは事実の
可能性がある。もしくはそういう傾向がある、という
ことはあるのだろうと。

よく「国際的感覚」みたいな言葉が使われますが、
本当に「国際的感覚」を持つためには、
「相手の国は自分の国とは違う」という「区別」の
意識を持ち、その違いを踏まえてお互いを尊重する
必要があるでしょう。今の日本のそっち系の人は、
「違いなんてない。みんな同じだ」という。
別に韓国北朝鮮に限った話ではない。日本の常識が
世界に通じるわけではない。逆に相手の国の常識が
日本で全て通じるわけではない。
だから、明確に線を引くところは引かなければ
ならない。日本人的鷹揚さで、「話せば分かる、
心が通じれば理解される」なんてのが通用しない
相手や場面がある、それを理解しなければ。

だから今回のネタでいえば、「半島系の人には
こういう性格な傾向がある、行動においてこのような
傾向がある。」らしい、ということを理解して、
それを踏まえて付き合っていければ、と思うわけ。

事例を見ていると、ネタの割合はさておき、
人生全てを壊される可能性のある事例もある
わけです。だからこそ、そういった場面に
であったときに、自衛できるように、と。
「次」がなくなる可能性もありますから。。。


引き篭もり氏ほどの文才がないのでうまく
まとまりませんが、自分なりの警告を続ける
つもりです。これまでの投稿のように、
2ちゃん系ではなく、固い系の情報をベースにね。
posted by DS Master at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。